自転車日記へ戻る


平成16(2004)年春・東欧+ドイツ建築視察の概要

日付をクリックすると、旅行記詳細版がお読みいただけます。ただし長ったらしいので、お暇な時にどうぞ。

視 察 日 記
03/26(金) (雨→曇)  成田→フランクフルト→ブダペスト(泊)
 さて今日から2週間、東欧とドイツの建築視察ツアーである。副隊長は建築家GBS氏、隊員はウチの学生24名。ハンガリー、オーストリア、チェコ、ドイツをバスで回った。なお「東欧・ドイツ」と題した企画だが、昨今では東欧じゃなくて「中欧」と呼ぶらしい。
無事日本脱出
 成田を出発し、フランクフルト空港で乗り換え、ブダペシュト(マジャール語で"S"は[Sh]と発音し、"SZ"で[S]と発音するが、以下は慣例どおりブダペストと書く)へ向かう。
 フランクフルト空港では乗換えでバスで延々移動するが、国内線の機材(エアバスA321-100)の整備が間に合わず、さらにバスで待たされる。バキュームカーがトイレのタンクの中身を抜いているが、ホースが透明だから中の茶色の液体が見えてしまう。いきなりトイレで失礼しました。
 最初の宿はブダペスト市内、東駅の近所。
03/27(土) (雨)  ブダペスト市内視察/(ブダペスト泊)
国会議事堂はたしかに豪華絢爛
 最初の視察地はブダペスト市内。地質学研究所の世紀末的装飾建築はバルセロナを思いだす。周辺の普通の住宅も、充分に古くて様式的でなかなか良い。
 市民公園、西洋美術館などを見てから、ING銀行へ。しかし外観というか、建物の位置を確認しただけ。肝心の屋上は遠くからしか見えず、土曜で中には入れない。  09:00の予約で国会議事堂へ。「ヨーロッパで一番きれいな」議事堂の名の通り、豪華絢爛の階段室、ホール、宝物展示など。議事堂内部は豚革の座席、廊下には葉巻置き場(現在は禁煙)。壁の本物の大理石と偽のスタッコでは触と分かる(熱伝導率が異なる)との説明に納得。
この町も路面電車だらけ
 郵便貯金局もガウディー的な装飾建築。工事中の木製仮囲いが妙に有機的(マコヴェッツ的)デザイン。アンドラーシ通りは世界遺産で、ヨーロッパで2番目に古い地下鉄が走っているが乗れず。現代建築の在ブダペスト・フランス文化センターは大したことないので外観だけ。鎖橋の橋詰をトンネルで潜るが、路面電車も急カーブのトンネルで橋のたもとをを潜って行く。
工芸美術館など視察
 工芸美術館もまた装飾がきれいな建築である。ここは「入場」となっており、あまり大した内容じゃないが一応現代アートみたいな展示を見る。建物全体からしたら狭い展示室だけの公開だから、これに時間を費やすのはちょっと時間の無駄のような気がする。現地のツアー会社(Mトラベル)は、「建築の見学」を手配したとは到底思えず、単に見学というリクエストだったから入場料金が入っている、だから入る、というわけだろう。先が思いやられる。
イシュトヴァーン大聖堂など視察
 坂を上がってちょっと郊外のファルカシュレートの斎場へ行くが、何と閉っているではないか。ここも現地旅行社としては「行けば自由に見られる」程度の「手配」だったに違いない。少々腹が立って来た。
 城の山に登って、漁夫の砦へ。入場券が必要で、せっかく入場したから、市内一望の見晴らし台で集合写真。王宮は博物館になっているが、写真が一枚も無いから撮影禁止だったのだろう。
 イシュトヴァーン大聖堂もまた1896年の記念にあやかる建立で、ドームの高さが96mとか。天井のモザイク画がきれいである。
 最後はもう夕闇迫る感じで、最後の視察地シナゴーグへ行くが、もう暗くてカメラを置かないと撮影できない。

夕食会の後は夜景を楽しむ
 最初の晩は夕食会である。バスで丘の上のレストランへ。個室の筈だったが、何と同宿の日本人高校生団体(横浜S校)と同じ大部屋。別室にせよとしつこく要求するが、店側は無理と言う。困るA藤氏に粘ってもらった結果、デザートからは2階へ移動で決着。2階で落ち着いて全員のスピーチを聞いていたら、飲みすぎと時差惚けで倒れかかった隊員もいたが、大事には至らず安心。
 帰りの途中でバスを止め、ライトアップされた王宮と鎖橋をみんなで撮影。今夜からサマータイムで明日も早いから、時計を1時間早めて寝る。

03/28(日) (曇・小雨)  トカイ地方視察/(ブダペスト泊)
トカイの集会所
 今日はトカイ地方まで遠出。
 まずはトカイの集会用パビリオン(Makovecz Imre/1975)を探す。所在は分かったが、あれはマコヴェッツの設計ではなく、あとで改修したのがマコヴェッツ、とか言われた。とにかく行ってみよう。川沿いの草の空き地に、いかにも手作りふうの黒塗り・板張りの曲面状の小屋。上に烏が載ってるが、建物全体が烏みたい。たしかに異様なデザインである。こんなところまで団体で来た日本人は、まずいないだろう。

妙な球体の建物発見
 トカイのパヴィリオンの帰りに、道路沿いにFRPの球体を2つ吊ったような変な建築があったので、バスを止めてもらってカメラストップ。なお手前は墓地。

ワイナリー見学(1)
 ディスノーケーというワイナリーの工場見学へ。ここのワイナリーの建築を見るつもりだが、食事のあとに案内された内容は、建築ではなく寧ろワイン製造用の装置と、多数の樽が寝かせてある黴だらけの地下道だった。
トカイワインの試飲会
 その後、地下のカーブに案内されて、何と、トカイワインの試飲会。そうか、これは今日の「観光」に含まれているわけだ。だから食事も試飲もあるわけだ。現地旅行社のMトラベルは、完全に観光旅行の手配しかしていないことをますます確信。
 さてトカイワインの試飲会。6種類のワインを味わうが、だんだん上等になる。最後に一番高い金賞ものを「惜しげも無く」飲ませると思ったが、有料なのだから飲ませて当然だった。そして、隊員諸君(小生も)はその高いワインを買うわけである。

ワイナリー見学(2)
 売店でみんなワインを買うが、それだけで帰ろうとする。これじゃまさにワイン屋さん見学で終わってしまう。慌てて、あっちの建物も見たいんだと主張するが、あれは別の会社で中には入れない、閉っていて、無理に空けると警報が鳴る、などと斎場の時と同じことを言う。しかし外観だけでも見ないと、来た意味が無い。一杯機嫌で靴を泥だらけにして草原を歩いて、見学対象の木造のトラクター小屋へ。閉っていて入れないが、オープンな建物だからじゅうぶん視察可能。有機的な木造建物を見て、しばしハイキング気分。

宿り木街道を更に走る
 洪水をやっている川を見て道を戻り、今度はさらに宿り木だらけの道を東北へ進んで、Tokaji の20km先にあるシャローシュパタク(汚れた小川の意)へ向かう。

ダースヴェーダーの顔はどっちがオリジナル?
 ここではシャローシュパタク文化センター(Makovecz Imre/1983)の見学。まるで人の顔の様なファサード、と言うより、スターウォーズのダースヴェーダーの顔そのもの。あの映画(もとは漫画)は、おそらくこの建物の真似にちがいない・・・と思ったのだが、よく思いだして見ると、映画「スターウォーズ」が最初に公開されたのは、たしか1977(昭和52)年ごろではないか!。すると、マコヴェッツが真似した?、それとも偶然の一致?
 建物内部は、有機的・民俗的なデザインの木造のインテリアで、なかなか面白い。

03/29(月) (快晴)  ブダペスト→グラーツ→ウィーン(泊)
グラーツ植物園温室
 グラーツ市へ。当初予定の見学地、植物園の温室(Volker Giencke/1982-95)は、曲面のアクリで出来た斜めのヴォールト状の温室が特徴。案内人は植物学の学生で、建築のことは説明できず、専ら温室内の植物についての解説。これもあきらかに手配ミスだが、熱帯雨林問題について学ぶのもまた一興。内部は当然ながら汗だくになる。

グラーツ工科大学
 グラーツに時間の余裕を作ったので、ほかの建物も見学する。グラーツ工科大学の新館(ギュンター・ドメニク/1983)は、かなり大胆なデザイン。道路側から建物の下を潜ってキャンパス内に回ると、派手な色使いの学生ホール部分が面白い。建物の中を端まで行ってから戻るが、吹抜けのある中廊下がなかなか良い空間である。

グラーツ美術館
 町の中をいろいろ見ながら走って、ムーア(Mur)川沿いにあるグラーツ美術館(Peter Cook & Fournier)へ。これは面白い、さすが元アーキグラム。黒い瓢箪のお化けみたいな建物の外面には電光が動いている。さっそくデジカメの動画機能。

川の中のテラス
 川の中には水上広場+カフェが浮かんでいる(まさに「水空間」ですな・笑)。そこに至る橋や、隣の橋(だいぶ揺れるけど)も、なかなか面白い。この水上施設はるるぶ系雑誌には出ていたようだが、まだ建築案内には出ていない。この一角は現代デザインの密度が高い。すぐ傍に古典的な教会があることで、こうした現代デザインが却って生きる感じだが、こういうところは日本では真似ができない。

03/30(火) (快晴→晴)  ウィーン市内視察/(ウィーン泊)
ルーファー邸
 ウィーンでは、まず近所でオットーワグナーの鉄道施設や現代建築のツインタワー(Massimiliano Fuksas)を見てから、シェーンブルン宮殿の先にある中〜高級住宅地へ向かい、バスをガソリンスタンドに止め、徒歩でルーファー邸(Haus Rufer:Adolf Loos/1922)へ。外観だけだが、プランと窓の位置を見比べて内部の空間構成(Raumplan)を推定するなど、それなりの見方が出来る。外面壁にはレリーフがあるだけの、装飾を押えたシンプルな外観である。
 このあと、更に高級な住宅地を歩いてプリマフェシ邸(Josef Hoffmann/1913-15)も外観視察。

カールマルクスホーフ集合住宅
 ハイリゲンシュタットにあるカールマルクスホーフ集合住宅(Karl Ehn/1927-30)へ。大きな中庭を囲んだ、かなり大規模な集合住宅で、1q続くファサードはなかなかの迫力。モダンな感じもするが、やはり1920年代らしさ(こういう「感覚」が1年生隊員に「全く分からない」と言われたけど、どうやって説明したら良い?)が漂う。内部が見られなかったのは住宅だから仕方がないが、どこかにモデルルームが展示してあっても良さそう。中庭の芝生の広さが心地良い。

繁華街の有名建築めぐり
 コールマルクトとグラーベンの繁華街には、いろいろ見るものがある。レッティろうそく店(Hans Hollein/1965)は、この前に来た時は正しく蝋燭店で、それが証拠にきれいな蝋燭を何本か買ったのだが、何と宝石店に変わっていた。蝋燭じゃこんな繁華街ではやって行けないんだろうね。
ウィーン郵便貯金局
 午後の見学はまず、オットーワグナーの代表作(と言うか理科大生には「光空間」でおなじみ)ウィーン郵便貯金局(Postsparkassenamt:Otto Wagner/1904-12)から。ここは有名な建築であり、たしかに素晴らしい空間であるこおとは否定しないが、正直やや地味な印象。こういう二重光天井は実際はそうそう珍しいものでもなく、他の都市でもさまざまなタイプを見ている。ホールにはちゃんとグッズ販売窓口まであるから、却って遠慮なく視察ができる。
ウィーン国立銀行
 幻想的な外観と内装が期待されるウィーン国立銀行(ギュンター・ドメニク/1975-79)は、南の外れの、あまり観光客が行きそうも無い商店街 Favoriten Strasseにある。地図で探しながら歩くと、有機的なフォルムの外観が見えたが、予想に反して外観は派手な色付きじゃなかった。もう営業時間が終わっていて、肝心の内部空間の装飾が見られない。ATMコーナーの狭いスペースから、ガラスの上部越しに垣間見る。

ウィーン楽友協会
 分離派会館では建築のほか地下のクリムトの壁画や現代アート展示を見て、カールスプラッツ駅からウィーン楽友協会へ。ここでは今夜のコンサートのチケットを買うことになったが、演物が「ヨハネ受難曲」と来た。年間満席率が93%なのにすんなり買えるということは、大した奏者じゃないことが容易に想像できる。せっかく来たのだから、聴くことにしよう。
ウィーン楽友協会
 カフェ・ムゼウム(Adolf Loos/1898-99)で軽い夕食のあと、楽友協会の前で(他の日本人がやっているように、ちょっと恥ずかしいけど)入場券を持って記念撮影してから、入場。大ホールは四角いシューボックス型で、天井画やシャンデリアなど、実に豊かな空間である。
 ヨハネ受難曲は何度か聞いているし、歌詞パンフレットを買った(ドイツ語も何とか読める)から、歌詞はじゅうぶん分かった。演奏は、正直言ってソプラノが外していた。楽器は半円形に曲がった管楽器とか、長い直線状のコントラファゴットとか、ビオラダガンバとかの古楽器があり、アルトも男声でやっているなど、復元演奏的だった所為もあって、音がもごもごして、あまり良い音には聞こえなかった。

03/31(水) (快晴→晴・かなり寒い)  ウィーン自由視察→ブルノ(泊)
ガゾメーター
 午前中は自由視察である。我々数名は、ちょっと郊外にあるガスタンクを住宅・商業施設に改造したガゾメーター(Gasometer)を見に行った。4基の煉瓦造のガスタンクの外周部分(Franz Kapaun/1896)を利用して、Jean Nouvel、Coop Himmelb(l)au、Manfred Wehdorn、Wilhelm Holzbauer の4人の建築家がそれぞれデザインしている。通常は鉄骨トラスで作る枠の部分が、ここは煉瓦造である。こうしたガスタンクや給水塔などは、絵になる。

ウィーン大聖堂:地下カタコンブツアー
 ウィーンは初めてという副隊長には、やはり名所のウィーン大聖堂(Stephansdom:c1300-1510)は見せておかなきゃ。ちょうど地下カタコンブのガイドツアーが始まるところだから、行ってみた。地下道を巡りながら、いろいろ説明がある。要するにこの広場の地下は死体捨て場で、最初は死体を棺桶に入れて埋葬した(そのままの形でミイラ化している)が、次第に場所が無くなってきて、棺桶なしで放り込むようになり、さらにスペース不足で骸骨をきちんと整理した形になったという(よく見るカタコンブの骸骨の壁)。町の真ん中の広場の地下が墓場で、死体の臭気がひどいから石灰をかけたなど、かなり生々しい話と、累々たる骸骨は、結構見ものである。最後はぽこっと聖堂の裏手へ出る。なかなか面白い体験。

宮廷図書館
 宮廷図書館(Hofbibliothek:J.B.F.v.Erlachほか/1719-35)はどうしても見ておきたかったので、副隊長も誘って入ってみた。豪華絢爛の見事な内装・天井画である。ちょうどレトロな観光ポスターの展示会をやっていたが、それも面白かった。
街道を行く
 夕方ウィーンを出発しブルノへ向かう。なだらかな農地を延々走るが、この道路沿いにも風力発電の風車が多い。平野を流れる川があると、急な坂を下った所の川沿いに「-tal」とか「-brunn」とかいう名前の集落があり、かなりの急坂を登るとまた平野の農地が延々続く、という繰り返し。またEU圏を出て、チェコへ入る。ブルノの古臭いホテルに、バスを左側に寄せて到着。
04/01(木) (概ね晴)  ブルノ→テルチ→プラハ(泊)
ブルノ・聖ヤコブ教会
 昨夜は遅くてあまり町を見物する余裕がなかったので、朝飯の後、1人で町へ出てみた。廃止になった路面電車の坂道を登って、聖ペテロ・パウロ教会(無論まだ開いてない)、緑の広場の朝市から、聖ヤコブ教会(Kostel sv.Jakuba/14-16c)へ入って見た。朝のミサをやっていて、出るタイミングが難しい。こっそり撮影してからそっと出た。

チェコ銀行
 市内のフックス(Bohuslav Fuchs)の機能主義建築を見る。ホテルア・ヴィオン(Hotel Avion:1927)は、装飾を排した機能主義建築だが、内部はすっかり改装されて見る価値なしなので、外観だけ味わう。次いで広場に面したチェコ国立銀行(旧 Statni banka ceskoslovenska:B.Fuchs/1929-30)もやはり機能主義デザイン。

テューゲンハート邸
 ブルノのメインの視察対象はトゥーゲンハート邸(Tugendhat Vila :Mies van der Rohe/1928-30)である。世界遺産に指定されているだけあって、案内もちゃんとしていて、最も「建築見学らしい」見学だった。入場人数制限で当初は2班に分ける予定だったが、日本人は行儀が良いから1班で済ませてもらえた。これがイタリア人だったら言う事を聞かないから数名単位しか入れないそうだ。
 テラス側から入場し、いくつかの部屋を見てから居間へ。ここの広いガラス窓は床に引き込まれる「下げ込み窓」で、もとは1枚ガラスだったが、現在は2枚繋ぎになっている。光が当ると透けて赤く見えるオニキスの大板は、バルセロナパヴィリオンに共通する。黒檀ばりの半円形間仕切等は、残念ながら別の木材で補修されている。
 内部は撮影禁止だったから、見学終了後、隊員たちはフェンスによじ登って外観を撮影。

ゼマノヴァ・カフェ
 コリシティェ公園にレプリカが復元されたゼマノヴァ・カフェ(Fuchs/1925)へ。予定外の視察で外観だけのつもりが、中でパーティーの準備をしていた従業員が、窓(ここの窓は、やはり床下げ込み式)を開けて中に入れてくれた。感謝して、地下まで入って、内部を撮影しまくる。
テルチ
 ブルノの西80kmにあるテルチもまた世界遺産。1530年の戦争で焦土と化したが、その後の復興でマルクト広場の景観の様式が統一されたそうだ。たしかにこの広場は統一されたファサードがきれいである。
 広場北端の聖ヤコブ教会やその塔は、閉っている。城や教会にはものすごく装飾的なインテリアや、さまざまな財宝が展示されている筈なのだが、まだ観光シーズン前で開いていない。
 広場へ戻って、市役所のインフォメーションで資料を買っていたら、ホールで何かレセプションが始まった。どこか姉妹都市との交流らしい。しばらく民俗音楽を聞いてきた。
04/02(金) (晴、寒い)  プラハ市内視察/(プラハ泊)
ミュラー邸
 ミュラー邸(Adolf Loos+K.Lhota/1928-30)は、装飾ゼロの白い壁に、黄色いサッシが目立つ。道路を渡って外観を撮影。内部が見たかったが、曜日の関係(だっけ?)で見られなかったのは残念。周囲の住宅には重厚な装飾が多いのと比べて、対照的な外観。
ストラホフ修道院
 ストラホフ修道院へ。これは当初の見学対象には入っていなかったが、神学の間・哲学の間ともに、まさに豪華絢爛の装飾と天井画、これぞバロックの真髄だから、やはり隊員諸君には見せるべきである。予定にはなかったので入場料隊長持ちで、全員で入ることにした。写真は料金を払えば撮って良いという。日本の美術館・博物館は全面撮影禁止だが、外国は概ねフラッシュなしならOKが多い。しかし無制限に撮らせるより、有料にするのはなかなか良い制度である。カッセに戻って50コルナ払って撮影許可を貰う。

プラハ城のリブヴォールト天井
 プラハ城は観光客が多く、団体行動は大変。この古いお城には、部分的に改装(ヨシップ・プレチュニク/1920-34)が加わっているが、とうてい1920年代とは思えない現代建築ふうデザインである。聖ヴィート大聖堂の内部・外部を見たあと、旧王宮内のウラディスラフ・ホールなど、天井のリブヴォールトが特徴的。装飾的なリブヴォールトも、もとは構造体だったが、こうなると単なる装飾で、もはや構造的な意味は無い。

プラハ城・黄金の小路
 黄金の小路は、以前は無料だったが有料になっていた。城壁の2階も武器博物館ふうになっているから、一応みておこう。この前来た時に比べて、だいぶ印象が違う。ジプシーの掏摸(すり)に注意。
ダンシング・ビル
 ナショナルネーデルランデン・ビルディング(Franc.O.Gehry)は、今では「ダンシング・ビル」が正式名称らしく、建築案内書にも「Tancini dum」(つまりDancing Building)と書いてある。フレッドアステアとジンジャーロジャースに見立てた命名である。面白い形状とガラスの外皮、層状の外面壁など、たしかにユニーク。
チェコはやはりビール
 昼食は現地ガイドのマルガリータとビアレストラン(プレゼニェンスキー)へ。彼女は仕事中なのに当然のようにビールを飲む。蒸しパンの付いた料理は結構おいしかった。トイレへ行ったら、何とボウリング場があり、奥はさらに立体的な空間だった。
プラハ・アンデル
 プラハ・アンデル(ジャン・ヌーヴェル/2000)はかなり大きなショッピングモールである。内部は広く、最初に全体のプランを見ないで入ったものだから、トイレや階段の位置が分からず、迷った。中で吹抜けの写真を撮っていたら、警備員に制止された。
アドリア宮殿
 アドリア宮殿(P.Janak+J.Zasche/1922-25)は、ロンド・キュビズム。妙な塔がいっぱい乗った外観もさることながら、中に入って吃驚(びっくり)、映画館のある丸いホールはかなり豪華であった。
 その隣のウルバーネク・ハウス(ヤン・コチェラ/1911-12)も、時代を考えるとなかなかのデザイン。ファサードの付け柱は装飾で、本当の構造柱は内部にある。
プラハ城夜景
 レストラン Stoleti (ビールではなくワインの店)で、楽しい食事。今回は東欧(中欧)なのであまり美味しい食事には期待していなかったが、全般に美味しかった。食後、川へ出てプラハ城やカレル橋のライトアップを撮る。
04/03(土) (晴)  プラハ→ドレスデン→クヴェートリンブルク(泊)
山岳鉄道の線路も壊滅
 ドイツ国境近くには売春婦とおぼしき露出的服装の女性がちらほら立っているが、前回(7年前)はもっとたくさん立っていた。雪の残る山道を登って、国境へ。
 ドイツへ入ってからは山道を下る。蒸気機関車が走る狭軌の鉄道があった筈だが、何とレールは錆び付き、路盤はえぐられ、レールがあちこちで外されているではないか。どうも先般(2年前だっけ?)の洪水で流されたようだ。このまま廃線か?
ドレスデン・フラウエン教会
 ドレスデンに着く。ここは第二次大戦で徹底破壊された町。見晴らしの良いブリュールのテラスでエルベ川の景色を見てから、徒歩で市内視察。前回は瓦礫の山だったフラウエン教会は、再建しない筈だったが、大方完成し、新しい石の間にオリジナルの石がはめこんである。
ツヴィンガー宮殿
 ツヴィンガー宮では、宮殿見物というより何故かさっさとアルテマイスター絵画館へ入場してしまう。変だなあと思ったが、これもMトラベルのミスぎりぎりの手配で、こっちからの発注に「入場」とあるから、入場料金を取る箇所に入ったという事情と思われる。しかしそのおかげで、ここ所蔵の名画が見られた。ツヴィンガー宮は前にじっくり見てるから、庭だけちょっと歩いて、もう良いことにする。

UFAシネマセンター
 UFAシネマセンター(Coop Himmelblau/1998)は、デコン風の斜ガラス箱建築の映画館。現地ガイドは「ヒンメルブラウ会社の設計」と言うが、名前の「Coop」を「Corp.」と間違えてるぜ(笑)。昼食後、内部見学、と言うかロビー空間に勝手に入って撮影しまくる。室内側の斜め上向きガラス面は、予想どおり埃だらけ。雨の当らない上向きのガラス面は必ず汚れるのは構法計画学の常識。
風力発電
 その後また長距離ドライブ、途中から雨。高速道路を出て、まだまだ走る。風力発電の風車が何百基もあるのは壮観で、この国は環境保護に本気で取組む気なんだなあというのがひしひしと感じられるのだが、隊員諸君はほぼ全員が爆睡中。
クヴェートリンブルク
 世界遺産のクヴェートリンブルクへ。町の外周道路沿いに位置するホテルに接近するが、ホテル前の道路の交通量が多くて車が途切れず、バスがなかなかパーキングに入れない。ホテルも古い建物を改装した、感じの良いホテル。
 小さな町だから町の中心の広場までは歩いてすぐ。まだ明るいから頑張って町を見ちゃいましょう。
10 04/04(日) (曇〜晴、寒い)  デッサウ→ポツダム→ベルリン(泊)
デッサウ:Stahlhausなどのバウハウス建築
 今日はいろいろ立ち寄ってベルリンまで行く。185号線経由で、バッハゆかりのケーテン等を経由してデッサウへ。バウハウス関係の視察は、まずは半円形プランの旧職安(Walter Gropius/1928-29)。それから鋼製プレファブのシュタールハウス(G.Mucke+R.Paulick/1926-27)。、団地状に多数建てられている住宅(Gropius/1926-28)なども。
デッサウ:バウハウス教授の住宅群
 4棟あるバウハウス教授の住宅群(W.Gropius/1925-26)は内部も公開していて、なかなかの見もの。無論、バウハウス本体も見学し、地下で昼食も食べてきた。
チェチーリエンホーフ城
 ポツダムに早く着いて時間があるから、チェチーリエンホーフ城を見る。ここは第二次大戦ゆかりの有名建築。ハーフティンバーの模様はなかなか。
サンスーシー宮殿
 ポツダムと言えばサンスーシーだが、庭園全部を回る暇は無いので、今回はサンスーシ宮だけ見学。葡萄棚のテラスは、上から降りてきて振り向いたらびっくりするが、下からだんだん近付きながら見たのでは感激が少ない。ここを上がったところにサンスーシー宮がある。宮殿裏手で小雨の中でだいぶ待たされてから、やっと宮殿に入る。
アインシュタイン塔
 ドイツ表現主義建築の代表作、アインシュタイン塔(Erlich Mendelsohn/1921)へ。いくつもの建物からなる天文学研究施設(Wissenschaftspark Arbert Einstein)の中にある。ここの案内は飄飄(ひょうひょう)とした面白い老人で、冗談を言いながら丁寧かつ実に融通を効かせた案内をしてくれた。
アインシュタイン塔・内部
 今回は塔の中にも入れてもらえたが、それだけでなく、まさに大サービスで、雨だと言うのにドームまで開けてくれた。
 最後の宿泊地ベルリンへ向かう。今日のホテル Exelsior は、ツォー駅やクーダムに近くて便利。
11 04/05(月) (天気)  ベルリン市内視察/(ベルリン泊)
ドイツ連邦議会新議事堂
 ドイツ連邦議会新議事堂(Norman Foster/1994-99)は、古い建物(Paul Wallot/1884-94)を改装したもので、屋上のガラスドームが見もの。一般公開の屋上からはベルリンの景色が一望で、まずは一巡。
 採光装置・反射装置のあるガラスドームが見もので、斜路を上まで上がったら、上が抜けていて、鳥の侵入防止用の網が張ってあるだけ。反射鏡に当る光を和らげるための日除けグリルが、太陽の動きに合わせて動くのだが、そのことをすっかり忘れて意識せず見ていたら、W隊員が「上の丸い通路の床下に毛みたいのが生えてますけど、何ですか?」と聞くので、「あれはモヘアと言って、普通はドアの隙間とか動く部分に付ける防風材だよ」と説明しておいてから、日除けが動く事に気付いた次第。
DG銀行
 ブランデンブルグ門(Carl Gottland Langhans/1789-91)は旧東西ベルリンの境界だったところだが、その手前にあるDeutsche Genossenschafts 銀行(Frank O.Gehry/1999)の内部のすっごい造形にたまげる。
バウムシューレンヴェーク・クレマトリウム
 バウムシューレンヴェーク・クレマトリウム(Axel Schultes+Charlotte Frank/1998)は、もうじき葬儀が始まるからそれまでは自由に見て良い。ランダムに配置された柱の頭部から光が降るようになっており、中央の水盤には卵が吊ってある。柱がちょっと密にありすぎの印象。湿っぽさの全然感じられないすっきりしたデザインである。
ユダヤ博物館
 都心へ戻って、ユダヤ博物館(Daniel Libeskind/1993-97)へ。学生の卒業設計みたいな建物が「こんなデザインでも実際に建つんだぞう」って感じ。旧館の団体入口から入って、平衡感覚が狂いそうな通路から、暗い象徴的な暝想の部屋、傾いた柱が立った屋外の Garden of Exile へ。
ユダヤ博物館・トマソン階段
 ユダヤ博物館の内部は、斜めに切込んだような窓が随所にあり、階段も最上部はトマソン階段状態だったり、全く好き勝手に造形してますなあ、という感じ。なお「トマソン」の意味が分からない読者は、藤森照信先生たちの「路上観察学」を参照されたい。
ギャルリー・ラファイエット
 だいぶお腹も減ったので、ギャルリーラファイエット(Jean Nouvel/1996)のフードコートでお昼。中央にガラスの吹抜け天井があるのは、パリのギャラリーラファイエットのドームのイメージだろうか。ガラスの吹抜けの倒立円錐状の下部はゴミが溜まりそうだが、案の定ゴミだらけ。
国立図書館
 国立図書館(Hans Scharoun + Edgar Wisnievski/1967-78)は、案内付きで、内部も静かに一巡。ひと時代前の現代建築ってところだが、こういうオーソドックスな建築は、やはりデザインの基本。ただし東ベルリンからよく見える位置に黄金に輝く図書館とコンサートホールをこれ見よがしに建てたという話には、やはり政治的背景を感じてしまう。
ソニーセンター
 ポツダム広場再開発地域へ。ソニーセンター(Hermut Jahn)の大規模なガラス屋根、巨大なトラス、保存された旧建物など。この前来た時は、この保存予定建物だけがぽつんと建ってて、赤いインフォボックスの他は何も無い、広大な工事現場だった。この大変化ぶりに驚嘆する。外へ出て、他の建物をいろいろ見る。広場の地面には旧「壁」の跡の線も。
貸し自転車
 広場には、DB(ドイツ国鉄)のマークのあるレンタル自転車が並んでいる。この他にも自転車をモチーフにしたモニュメントとか、この町の自転車への取組みが感じられる。次回ベルリンへ来る時は、是非とも自転車で回りたい。自転車を電車に持込む際のルールもよく聞いておかないと。
自転車専用レーン
 ヨーロッパでよく見掛ける自転車専用レーンは、「その分自動車の排気ガスが減る」ことに意味がある訳だから、車道を削って作るのが大原則。歩道に自転車マークを描くだけで事足れりとする我が国のママチャリ行政は、根本的にナンセンス。
 しかし、こうやって路上駐車でバスを乗降する際は、どうやっても矛盾が生じてしまう。バスから降りてぼーっとしていると、よく自転車に怒られます。
12 04/06(火) (曇〜雨)  ベルリン自由視察、夕食会/(ベルリン泊)
ベルリン証券取引所・商工会議所ビル
 ホテルの近所にあるベルリン証券取引所・商工会議所のビル(Nicholas Grimshaw/1998)へ。半円形は意匠だけではなく、構造的にもアーチから吊った構造になっている。勝手に入って写真を撮る。ホールにはカット模型があったが、本来は電動だったようだ。更にエレベータで2階へ上がって、中庭状のアトリウムを見下ろす。船のブリッジのようなハイサイドライトが面白い。
カイザーヴィルヘルム皇帝記念教会
 カイザーヴィルヘルム皇帝記念教会(Franz-Schwechten/1891-95/Egon Eiermann/1959-63)は、町の真ん中にわざとらしく半分壊れたまま建っていて色ガラスの現代建築に化けてるなど、あまり印象が良くないから前回来た時からちょっと軽視していたが、今回は(雨だから)入ってみる。内部は意外なほどの静謐と言うか静寂というか、こんな町中にしては落ち着く豊かな空間で、やや感動。
楽器博物館
 ベルリンフィルハーモニー(Hans Scharoun/1963)の近くに楽器博物館(Musikinstrumenten-Museum)がある筈。ちょっと探していたら、さりげない感じの入り口があったが、これでは通り掛かりの一般観光客には入り難いから、中は静かだろう。
 この建物はシャロウン(1972没)の設計案を弟子でパートナーの Edgar Wisnievski が1984年に実現したもので、色ガラスや照明など、昨日見た図書館と同じディテールである。今までにもあちこちの博物館で古楽器を見てきたが、ここはさすが本場で、展示内容は非常に充実していた。折畳み式携帯チェンバロなど、面白い楽器がいろいろあって、いちいち挙げたらきりがない。
新・国立美術館
 フィルハーモニーの隣にあるベルリン国立美術館・新館(Mies van der Rohe/1965-68)は、今回こそは内部が見たかったのだが、今日は「MOMA展」で長蛇の列。MOMAにはニューヨークで行っているし、日本でも展覧会があったし、時間ももったいないから、今回も外観だけ。
ファサードがシンメトリーの集合住宅
 運河沿いのシェーンベルガー通り沿いに、ファサードがシンメトリーの集合住宅が7棟か8棟続く。これはガイドブックにないが、なかなかの見ものである。その並びの現代建築(新しい集合住宅、エスプラナード・ホテル)も、このシンメトリーなファサードを踏襲したデザインだから、街並みの調和が維持されている。
路線バスに乗る
 大通りを歩いていたらバス停があり、これに乗ろうかと言ったところへちょうど100系統のバスが来た。一日券がポケットにあるから、当然乗る。「持っていれば良い」のは便利なシステムであり、こういう「性善説」が通用する「大人の国」が羨ましい。と思ったら、今月からバスでは券を見せることになった。
 実はこのバス路線は、都心の名所を順に回って行く名物コースであった。K隊員は隣のおばさんに話し掛けられて国際交流していた。
アレキサンダープラッツ
 バスでアレキサンダープラッツ(1961-73)に着いたら、また雨。地下道の階段で吠える犬が逆光で絵になる。通りの向かいにあるショッピングモールでお茶することに。女子隊員はケーキとお茶、小生はビール。そこでちょっと買物。本屋でベルリンの建築ガイドを探して購入。これが役に立った。

 ベルリン自由行動もうそろそろ時間切れ。Sバーンでツォー駅へ戻り、自動車に水たまりの水を掛けられたり、雨あがりの空に出た虹を見たりして、ホテルへ戻る。他の隊員たちも三々五々戻ってきた。
ラーツケラーで夕食会
 最後の晩は夕食会。バスに乗るほどの距離でもないがバスで、ラーツケラーへ行く。なかなか良い部屋で、個室でU字型にテーブルがセットしてあるから、お誕生席に座れば皆の顔が見える。ここで全員から旅の総括を聞く。隊員諸君はみんなこの視察旅行に満足してくれたようで、隊長・副隊長ともに大いに嬉しい限りである。たくさんの建物を見てオーバーフロー状態といった感じのスピーチもあったが、帰ったら写真や資料を見て、記録を書いて思い起していただきたい。今日の飲物は隊長・副隊長のおごりとしたが、みんなよく飲むなあ。
13 04/07(水) (曇)  帰国:ベルリン→フランクフルト→(機内泊)
もう帰国だ
 副隊長は帰路フランスに寄るから、空港でお別れである。我々本隊は、国内線でフランクフルトへ。ここで乗り換え、成田へ向かう。
 途中で映画を1本見たら妙に短かった(寝た?)が、あとは全く寝ず、適宜アルコールを補給しながら隊員諸君とずーっと喋って来た。
14 04/08(木) (薄雲・寒い)  無事成田で解散
夜が明けてもう日本
 そうこうする内に、夜が明けてしまった。数名の隊員は朝日が出るのを後部ドアの小窓からずっと見ていた。時間が急速に進んでしまうから、肉体的に今いったい何時なのか分からない、ふわふわした気分のまま、成田へ着陸。

無事解散
 入国審査後、全員で記念写真を撮ってから解散。長かった筈の2週間も、それこそあっと言う間に終わってしまった感じである。
 東京は8℃とかで異常に涼しいが、こっちは冬装束だから却って助かる。リムジンバスで恵比寿方面へ帰る。バスでは当然一番前の席に座るが、昨年同様、2週間ずっと左ハンドル・右側通行のバスに慣れてしまっているから、運転手が左にいないし右から追い越すのには妙な違和感がある。

 かくして、2週間の建築視察は無事完了した。実に充実した視察旅行であった。安全に完遂できたのも、副隊長と、添乗のA藤氏のおかげであり、そして隊員諸君の協力と、紳士淑女たる行動のおかげと感謝する次第。さて次回はどこへ行きたいですか?


TOP