自 転車日記へ戻る


平成17(2005)年9月12日(月)〜14日(水)
真鍋研究室夏期合宿・久々の神津島



まだ工事中です。文章を徐々に追加充実中、少々お待ち下さい。
旅 の 記 録
9月12日(月)/晴・暑い
 竹芝客船ターミナルからジェットフォイルで出発。以前は夜行で行ったもの。夜行が辛くなってからは、早朝の列車で伊東まで行って朝の船に乗ったこともある。空港ができてからは調布から新中央航空で行くことが可能だが、それ以後は神津島には行っていない。朝に東京を出て午後にはハイキングが出来るとは、神津島も近くなったものだ。
 ジェットフォイル(ガスタービンエンジン駆動のウォータージェットで推進するハイドロフォイル/水中翼船)は78q/hの高速で航行する。東京湾内は一定以上の長さの船は徐行が義務付けられているが、この船は船体が短いから湾内も高速で、神津島の場合全行程の1/3ぐらいが東京湾内だから、この差は大きい。しかしシートベルト着用で3時間以上じっとしているのは苦痛。
 この船は各島に寄港して数分ずつ止まって行くが、それでも。3時間45分で着いてしまう。各島でそれぞれ降りる客がいる。大島では輪行袋を持った若者が2名下船した。う〜む、そういう手があったか。
 式根島に寄った後は、いよいよ神津島である。ジェット船になってからは、専ら多幸湾の港に着くようである。以前に崖を下って行ったことがある観音浦がよく見える。あそこはまさに江戸時代そのままと言った印象の浜で、島の人もあまり行かない所だそうだ。今回はちょっと行くチャンスはなさそう。
 多幸浜の断崖が見えてきた。そろそろ着岸である。真っ青な空、雲、そして目が痛いほど白い崖、いよいよ神津島に着いた。
 揺れる船から上陸する。迎えの車に分乗して宿へ向かう。サーフボードがあるから、軽トラックの荷台にも卒研生が乗る。こんなこと東京じゃできません。でも、どこでサーフィンやるのか疑問。遠浅の海岸は伊豆七島では新島の羽伏浦以外はなかったと記憶する。
 宿「平和荘」は、もと民宿「平兵ヱ」である。だいぶ村落の上の方にあるから、山腹の道路から下ればすぐだが、前浜からではちょっと上りが長い。宿は全館貸切なので、気が楽で良い。
 早速お弁当をいただく。トンカツを全部食べたらちょっと胃に重かった。この胃の違和感が、実は3日後に影響する。
 ハイキングに具えて日焼け止めを買いに行った。そう言えば以前に研究室で3回ぐらいも利用した馴染みの民宿「白浜屋」はこのあたりだと思って聞いて見たら、その店の隣だった。早速挨拶に行く。最初は幼児、2回目は小学生だか中学生、3回目は成人して島の信用金庫勤務だった娘さんが、当然だけど既に母親(なかなかの美人)になっていた。ここはご主人が7年前に手術して以来、民宿は廃業したそうだ。しかし懐かしかった。もと民宿のご家族もとても喜んでくれた。
 白浜屋から帰る道には、かな〜りレトロな建物が散見される。
 13:30ごろ、全員揃って天上山へハイキングに出発。かんかん照りで暑いの何の。
 宿の前の道をそのまま上がって、集落の北側、白島登山口から登る。樹林帯はまだ涼しい。
 途中で車道の終点に出る。ここまで車で送って貰うという軟弱なルートもあった訳だ。ここでもう結構組の女子4名を見捨てて、残りのメンバーで更に頂上を目指す。
 樹林帯を出ると強烈な日射を遮る物はない。時々吹く風だけが頼り。
 外輪山に出て、大崩落や村落を見下ろす。絶景である。
 山頂へ。360度の景色を楽しむ。遅れた女子3名も追い付いた。
 南東の遠方には三宅島と、その右に御蔵島。そう言えば御蔵島には漁船「第五天洋丸」をチャーターして、ハイキングに行ったもんだ。今日は雲や霞があって、八丈島は遠すぎて見えない 。
 天上山は遠くから見ると山頂が平な地形であり、火口の跡らしき地形があちこちにある、まさに火山である。頂上からはごろた石や沙漠状の荒れた地形を歩いて、今度は黒島登山口へ下る。
 元気な男子は先に行ってしまったが、とちゅうで千代池に寄る。この島は地下水が豊富で40いくつある東京の名水のうち2つまでがこの島にあるそうだが、山頂に池があるのを見て納得。
 登山口に置いてあった杖のおかげで何とかそうそう苦労も無く下山、黒島登山口へぶじ帰着。あとは車道を歩くだけ。
 黒島登山口の近くには風穴があって、地下を通った冷たい風が吹出している。体ごと入ると実に涼しい。なかなか立ち去りがたい。
 今夜はバーベキュー。肉・野菜に先立って、宿の主人が自ら突いて来た「樫の葉鯛(だっけ?)」を焼いてくれる。皮ごとそのまま真っ黒に焦がしてから皮を剥くと、旨そうに焼けた身が出てきた。ちょっとフライングだが、冷めないうちにいただこう。
 この魚はやけたてを食うと実に旨い。そのままなし崩しにバーベキューから宴会モードに入ってしまい、大いに飲み、食う。
9月13日(火)/晴・暑い
 朝食はいわゆる旅館食。卵が出たので、回してみたら卓上でいつまでも回っているからゆで卵と判断して剥いてみたら生だった。どうも夏の島の生卵は信用できないが、体がエネルギーを要求しているからついつい御飯を2回もお代わり。しかし少々胃に凭れた。実はこれが2日後に大いに影響するんですねえ。
 今日は全日自由行動。釣り・シュノーケリング組は宿の車で赤崎方面へ出かけた。
 小生は院生D君S君とレンタサイクルで島のあちこちを見て回ることに。MTB型自転車を借りるが、店のおばさんは「後のギアだけ使って」などと言う。とんでもない、こんな平地の無い島の坂道は、クランクギアの最小ギアを使わなかったら登れません。
 最初は海岸沿いに概ね平坦な道を行く。今日のサイクリングで平坦コースはここだけで、あとは急勾配の坂道の上り下りの連続だった。こんな地形では原チャリが便利だが、音も排ガスも気に入らない。だいいち、以前は全コースを歩いたものだ。
 海岸の岩場には、抗火石の積みだし港があった。神戸山の採石場からここまで索道があったそうだ。トロッコレールの跡があり、トロッコの車輪も落ちている。こんな景色も10数年前と何ら変わりがない。時間が止まっている。
 海岸沿いの道路は、赤崎から更に伸びている。島の最北端部分には立派なトンネルが出来ているが、道路はそのトンネル出口で突然途切れている。返浜(かえすはま)までは地図では僅かな距離ではあるが、トンネルの先の海岸の岩場は、道路を通すのは到底無理そうな地形。敢えて道路を作っても交通需要はゼロであって、自然破壊以外の何ものでもない。土木工事を実施する事が目的だろう。
 赤崎まで戻って、ここで潜って遊んでいる学生たちを見に行く。木道の遊歩道には飛び込み台があるじゃないか。もと真鍋研飛び込み部の部長だった小生としては、よほど着替えて飛び込みをしようと思ったのだが、まだまだ自転車で行きたい所があるので、先の事を考えて何とか我慢した。結局、シュノーケル・足鰭・海パンは一日中背負っていたがついに使わなかった。
 赤崎には立派な遊歩道(華奢であまり長持しそうにない木道)が整備されているが、途中で通行止めになっている。一応そこまで行ってみたが、落石で破壊された様子が生々しい。
 飛び込みに興ずる学生諸君と別れ、返浜へ向かう。老人ホームまで戻ってから上の道路へ出て、山道に入ると相当な登り。サミットを越えたら、今度はぐんぐん下ってしまう。それは当然で、海岸から海岸へ行くのだから、登った分は全部下ることになる。また同じだけ登り返さないと帰って来られません。
 返浜は全くの無人。鉄骨製の監視台や階段がすっかり錆びて朽ちてしまっていたり、道路から浜に降りるRC階段の下半分が崩れてしまっていたり、まさに海水浴場の廃墟。サメが出るから遊泳禁止という札があるが、いつの話だろうか。しかし今でも「あそこはサメが出る」と言う声を聞いた。
 ここからは只管(ひたすら)登り返すしかない。160〜170mの標高差はキツかった。時々自転車を降りて押して歩く。東海岸の観音浦まで行きたかったが、そこまでも相当な山道で、しかも自転車を置いてから海岸までは230mの薮こぎの下り(当然帰りは登り)があり、案内地図には危険と書いてある。観音浦は以前に行ったことがあるから、今回はパスとしておこう。またもとの海岸道路へ出て、港まで戻る。
 足首を傷めて歩けないから原チャリに乗っている助手I君や、バイク狂のT君とも遭遇し、東海汽船のターミナルの隣にある「よっちゃれセンター」2Fの食堂が営業していたから、そこでお昼。名物「島寿司」を注文したが、味がやや濃すぎるヅケに、何と山葵の代わりに辛子で、それが妙な散開配置で皿に並んでいる。自転車で疲労困憊状態で、全部は食べられなかった。
 午後はまた気力を取り戻し、飲物を買い足して出発。今度は村落から南下し、空港方面へ向かう。高校を過ぎたら坂また坂で、のっけから自転車を押して登る。前浜を見下ろすと、海水浴客が1グループだけぽつんと見える。以前は、伊豆諸島ブーム最盛期の時代の、しかも最盛期の季節に来ていたものだから、それと比べると何たる静けさか、う〜む、良い。
 前浜を見下ろす景勝地にある、おたあジュリアの慰霊碑へ。大奥のキリシタン、ジュリアは、キリスト教弾圧でまず大島へ流刑、島替えで新島へ、最後は神津島へ移されたが、この島には(田舎過ぎて?)殉教の嵐は吹かず、40年にわたって布教を続けて一生を終えたんだそうだ。
 千両池という入江へ。自転車を置いて途中まで遊歩道を下った。以前にここで潜ったような記憶もあるが、だいぶ昔のことで、日記を見ないと正確ではありません。
 また登り返して、今度は灯台へ。ここも自転車を置いてからけっこうな標高差を登る必要がある。暑い。覗きファインダーの無いデジカメでは、こういう炎天下では殆ど液晶画面が見えないから、目分量でカメラの向きを決める。
 灯台からは、空港方面へ向かう登り坂沿いの電柱の列が見えていたから、長い長い登りは覚悟していたが、やはり辛かった。押して歩く。この空港には、調布から新中央航空が就航しているが、午前の便は欠航だったようだ。たまたま我々が来た時に小型機が着陸した。空港ビルの横に何故か波消しブロックが積んである。こんな山の中に、どうして・・・。
 かなり自転車を押して歩く割合が多くなってきた。自転車を返す17:30まではだいぶ時間があるが、D君もS君もかなりバテて来た様子。三浦湾の展望台から、最終目的地だった多幸湾を見下ろすとすごい標高差である。200m下ってまた登り返して来る元気はもう無いから、下るのはやめて村落へ戻る事にした。
 それでもまだ結構な登りがある。この島の擁壁にはアースアンカーが多く見られたが、ここの石垣はまるで殉教者の慰霊碑みたいである。勝手に「ジュリア峠」と命名。
 村落へ下る前に、何と2つ割丸太で全面が覆われた砂防ダムを発見。何とも妙な強烈な迫力である。どういう理由でこうなっているのか、要調査。
 途中で村落の上からアプローチすれば下りだけで済んだのだが、入り口に自信がなくてうっかり海岸まで下ってしまったから、最後に自転車屋さんに戻る登り返しが辛かった。また歩いちゃおうか。予定よりちょっと早かったが、無事自転車屋さんに帰着。
 後日、地図で概算距離を計ってみたところ、今日の走行距離は≒33.3qであった。これはずっと後で計測したものなので、以後年末までの累計走行距離には加算せず、年末調整することとする。
 まだ時間が早いから、庭で涼風を浴びてビールを飲んで贅沢な時間を過ごす。人工芝がずれているのが気になって、ついついきちんと直したくなる。こういうのって、「性(さが)」ですなあ。
 そう言えばある時、屋上でいろいろ植物を栽培しているA教授に、B教授がマメなご趣味ですなあみたいなことを言ったところ、A教授が「性(さが)ですよ」と答えたら、B教授は「おや貴方も九州ですか」だって(笑)
 今日の夕食は普通に室内でいただく。我々先に「飲む練習」を始めていた組は、既にビールの時間を終えて盛若コースに突入していたから、食事=宴会モード。しかし他の学生諸君は、まだ一滴も飲んでいない。う〜む、この違和感。
 エアコンが妙な位置に付いている。しかも冷媒管のところまでちゃんと天袋の襖が開くではないか。あまりに不思議な納まりなので、Sh君が登って調査。襖と見えたのはエアコン取り付けに耐えるちゃんとした厚板だった、と言うことはこのエアコンを付けた業者は確信犯的にデザインしたわけだ。
 夕食後は浜で花火大会。前浜まではかなり歩く筈だが、自分だけ相当飲んでいたようで、あまり記憶が無い。でも花火の撮影ってのは難しいもんです。
 宿へ戻って宴会。先に飲んでいた小生は完全に「出来上がって」おり、自転車の疲れも加わって、小生は途中から部屋の隅で爆睡状態だったらしい。
9月14日(水)/晴・暑い
 暴飲暴食でだいぶお腹が壊れてきて、朝飯が辛い。今日は午後の船まで特段することもない。女子院生組と共に村落内を散歩することにした。
 まずは物忌奈命(ものいみなのみこと)神社へ。村落から入口の階段を上がると、境内はだんだん下って行くという逆の空間構成になっている、と思ったら、海岸側が正面で、こっちは裏口だった。
 入って行くにつれ、この神社はけっこう立派なものと分かる。ホタルが飼ってあった。
 最後に浜へ下る階段が、実は最初の入口にあたる。こっちから見たらいかにも神社らしい空間構成である。
 神社の階段でカヤツリグサを発見。この草については「ディテール」誌に連載している「ディテール間違い探し」の記事で(解体寸前の新丸ビル屋上EJに生えていたものについて)なぜか解説したことがある。茎が三角形断面なので、両端から割くと、うまく行くと蚊帳を吊ったような四角い枠状になる、という遊びがある(幼少時に京都の祖母のところへよく遊びに行ったものだが、加茂川の河原で祖母or母に教わった)。だからカヤツリグサと言うのだが、こういう遊びを知っている人は今では稀であろう。
 前浜には全然ひと気が無い。数名の若者が来たと思ったら、すぐにいなくなってもとの静寂である。着替えて海に入るのも億劫だから、足湯じゃないが波打ち際で足だけ入って波と戯れる。誰も「じゃあ次、行きましょう」と言いださない。時間の経過を忘れた至福の一時である。
 伊豆諸島は流刑の島である。久しぶりに流人墓地へ来てみたら、記憶よりずっと狭く、たしかここにあった筈の酒樽や賽子(さいころ)の形の墓石が見当たらない。10数年こない内に誰かに盗まれたのかと残念な気持になった。
 しかし、それにしてはどうも変なので、帰宅後ネットで調べたら、当該の墓石は新島の流人墓地にあった。そう言えば、白い砂の崖に炭化した埋もれ木があるというのも、多幸浜じゃなくて、新島・羽伏浦の白ママのことだったようだ。間違った情報で炎天下に到底歩けなさそうな岩だらけの海岸を歩いて炭化木を探したWT君、申し訳ありません。
 涛響寺。そこそこ立派。参道を普通の道が横切っている。本堂に隣接するありふれたモルタル塗りの建物(『庫裏』って言うんだろう、多分)の窓がちゃんと花打窓(かとうまど)かとうまどになっているのが面白い。
 与種(よたね)神社。青木昆陽の縁の神社だそうだが、地元が懇願してここに戻したにしては少々しょぼい。それでもかなり太い立ち木を伐採した跡があって、案外こまめに手入れがなされている印象。だから島は良いんだ。
 もう見るものもないが、昼食にはまだ早い。日影の地べたに座込んで涼む。足元を蟹の幼生らしい小さな白い生き物が歩いている。脚が半分もげているが、顔をアップで見ると洒落たサングラスのようだ。
 港へ食事に下る途中で廃屋を発見、当然「構法調査」である。開口部に填める「あぜり板」の仕組みや、薄型のセメント瓦など、ディテールを見ていると興味が尽きない。
 土産物屋。島で唯一の信号がある丁字路の角に土産物屋が2軒あるが、客は同じ店だと思って往き来する。「別の店です」と貼紙があったから、隣の商品をレジに持って来る客が多いんだろう。いっそのこと経営提携しちゃえば良い。でも島の社会は実質そうなっているんだろう。今更土産でもないと思ってあまり真面目に土産を見なかったが、クサヤを買わずに帰って来てしまったのはちょっと心残り。
 ビールを注文したら、付き出しにイカゲソと島海苔が出た。赤烏賊の刺身と、芋饅頭の「あぶらき」を注文する。あぶらきって何だろうと説明を読むが、「○○○○で味をどうとかした『あぶらき』です」って書いてあって、全然「あぶらき」の説明になってない(因みにあぶらきはさつま芋に米の粉か片栗粉を入れて練った揚げ餅のようなもの)、いずれもなかなか旨かった。食事にはヅケ丼を注文したら、ヅケが濃すぎてちょっと辟易。なお、この店の島寿司は辛子ではなく山葵(わさび)だった。
 暑い坂道を登り返して宿へ戻り、着替えたり荷物を整理したりして、宿の車で多幸湾へ向かう。宿の人達と別れを惜しんでから、船が出るまではまだ時間がある。かなりお節介系の東海汽船の従業員の指示で2列になったり1列になったりして、突堤でぼけ〜っと時間を過ごす。こんな贅沢な時間の過ごしかたがもう癖になってしまった。これじゃしばらく社会復帰できないだろうなあ。
 海中を見下ろすと、大きなエイがゆっくり泳いでいる。1mはないが、結構おおきなイトマキエイと見た。「マンタだ、マンタだ」と、皆で後を追う。
 そろそろ乗船。ヒュ〜ンというエンジン起動音がすると、いよいよ島ともお別れである。また4時間弱、座席に固定された船旅。風があった所為か、けっこう左右に蛇行しながら航行する。やはり帰りの船ぐらいは所謂汽船の船旅が良かった。船内を自由に歩けるし、甲板で日焼け調整が可能だし、トビウオや海豚、運が良ければクジラも見られるし、東京湾の夕焼けやもきれいだし、羽田空港に着陸するジェット機を至近距離から見上げられるのだから。
 まだ明るい内に竹芝に到着、幹事を労い、記念撮影して解散。怪我人も病人もなく無事合宿は終了した。建築学会大会、サイトウキネン松本、そして神津島合宿と、実によく遊んだ夏休みも今日でお終い。遊び癖が付いてしまって、社会復帰の自信なし。

TOP